あなたはCounter人目のお客様です


いらっしゃいませ。
水園のお茶は鹿児島の豊かな自然の中で
たくさんの愛情をこめて育てたお茶の葉で作られています。






善水園のホームページへお越しくださり
ありがとうございます。

今年の冬は大変寒く、お茶の芽は深い休眠を
取ることができたため、養分の貯蔵状態が良く
品質の高い お茶を収穫することができました。

一年に一度だけの新茶の味を
お楽しみ頂ければ、うれしく思います。

                                             
                                             2018年5月







善水園
では「深蒸し茶」(ふかむしちゃ)を
ご提供させて頂いております。

茶畑からお茶の間へ生産直売。
流通コストが掛からないため
良質の品をより安くお届けする事ができます。



「深蒸し茶」とは、一般的な煎茶と比較して
  蒸しに2〜3倍の時間をかける製法のことです

普通煎茶よりも茶葉がこまかくなりますが
  甘みがあり、渋みの抑えられた
濃度感のある、おいしいお茶です。


    ※茶葉が細かくなっていますので
深蒸し茶用急須か、こし網つきの急須の
ご使用をおすすめします。





 
一番茶(新茶)とは、3月末頃から芽が吹き始め、
その年の一番初めに収穫するお茶のことです。
一番茶収穫後、再び吹いた芽が2番茶(6月ごろ)
その次が3番茶(7月ごろ)となります。

一番茶がおいしい理由は、秋の収穫後、約半年間
樹の中に、たっぷりとたくわえた養分をもとにして
成長するからなのです。



善水園の深蒸し茶は一番茶を100%使用
しております。
一番茶は、病害虫などの心配が少ない
春先の涼しい季節に発芽、成長して収穫するために
おいしさはもちろん、安心して
飲んで頂ける、お茶です。




Copyright (C) 2002-2018 お茶の善水園 All Rights Reserved.